読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誠実に生きる

あるコンサルタント会社に一人の女性がいました。

その女性は、とても優秀で何でも起用にできて、どんな仕事でもすぐに

仕上げる人です。


覚えなくてもそれなりにうまく対応できるから、得意先のことを何ひ

とつ真剣に覚えようとしませんでした。


ですから、そんなに真剣にやらなくても十分に仕事をやり遂げれること

ができたわけです。


ところが、別にもう一人の女性がいました。その人は特別、優秀でも何で

もありませんでした。

しかし、得意先の会社名だけでなく、社長の名前、年齢なども真剣に全部

覚えていました。


そんな時に、そのコンサルタント会社の社長が、優秀な方の女性に話し

ました。


「あなたよりも、彼女のほうが頭は良くないかもしれません。

しかし、お客さんのことは、しっかり、全部覚えていますよ。

それは、あなたが能力がありすぎて、仕事を誠実にやらないからです。

私は、あなたよりも、あちらの女性を尊重しようと思います。」


その優秀な方の女性は、今は結婚して幸せに暮らしていますが、時々

そのコンサルタント会社の社長のところへ来るそうです。


在籍時に、もっと誠実にやっていればよかった、ということが分かる

ようになったと言っているようです。


どんなことでも「誠実」にやっていくことが大切だと思います。

うまく生きている人のひとつのコツであるような気がしますね。

 

広告を押して申込↓

宜しくお願いします (^_^)