読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自尊心と見栄

 アメリカでの出来事の話ですが、有名一流企業に、

勤めていた人がリストラされました。


その人は、しばらくの間は、焦ることなく好きなゴルフをして

日々を過ごしました。

その後、仕事を探し始めて、間もなく見つかりました。


どうしてかと言えば、給料は、以前の会社の数分の一で、

仕事の内容もとても満足のいくようなものでは、なかったからです。


本人の言うには、「女房、子供を養う義務があるから、贅沢を

言いえる立場じゃあないよ。犯罪でもなければ、なんの仕事だって

かまわないね。」と言うのです。


自分の中に、確固とした信念のようなものがあって、

「自分はこんなふうに生きる」という志があるので、軽薄な

プライドや見栄はすぐ捨てられたのでしょう。


これは、我々も参考にしなけらばならない立派な

割り切りかただと思います。

こうしたものが自分の中にあれば、世間へのプライドや

見栄なんて気にせず、平気でいられると思います。


結局、自分が納得できれば、人が言うことなんて

気にしないでしょう。

とるに足らないプライドや見栄は、なくしたらどう

でしょうか。


きっと周りの人の心がよ~く見えるように、なると思いますよー。

そして、知らぬ間に、大きな人間になった自分を

発見するでしょう。

 

広告を押して申込 ↓

宜しくお願いします (^_^)