読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

運がついてる男

何もやらず、あたまから「できるわけない」と、

決めてかかる発想が私は一番嫌いである

本田宗一郎氏の言葉です。


2006年ホンダが航空機業界へ、本格的に、

参入するというニュースが、世界中を驚かせましたね。


この年2006年は、本田氏の生誕100年、

という節目の年であります。


その後、10年後の2016年に、ホンダはFAA(米国連邦航空局)から、

ホンダジェット」の製造認定を取得しました。


それは、エンジンも機体も、自社製、自社開発という

ホンダのプライドと技術力を見せつけた飛行機でした。


人を中心とするホンダ流の発想により、

自ら技術を磨き上げ、従来にない価値の創造をめざしたのですー。


どんな分野でも成功する人間は、一様にがいいといわれますね。

本田氏も、人に会うたびに、俺はがいいんだ

と話していたようです。


自分が、なりない、こうありたい、と思い込むと

現実として、そういった事態が

やってくるものである、とも言っていたようですー。


人のというのは、健康や生命だけではないと思います。

モノや人との出会いこそが、

人生を、決めつける大きな要因なのかもしれません~。

 


人の、不運は、よく分かりません。

結局、がいい人は、成功するということらしいですね。

 


広告を押して申込 ↓

宜しくお願いします (^_^)