読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤高を気取る

ひとりで孤高を気取っているよりも、まわりの人びとと共に

進んだほうがよいでしょう。


まわりの人が、全員狂っているならば、自分も狂っているほうが

安心かもしれません~。


大事なのは、時代の流れに合わせて生きることです。


自分ひとりが、まともなつもりでいても、世間からは変人扱い

されるというのが一般的です。


ですから、何も知恵もないか、知恵のないふりをする人が、

ときによっては、いちばんの知恵者だということになりますね。


この世界の人は、大多数において無知の人たちかもしれません。

そして、人は他人の中で生きていかなければいけません。


全くの野蛮人であるか、神にも匹敵する優れた特性を備えた

人でもなければ、たったひとりで生きていくことなどは、

とうてい不可能です。


また、自分ひとりが愚か者とみられるくらいなら、大勢の人と

共に賢明に生きたほうが、よいともいえるでしょう。


おかしなことに、我々のみのまわりには、さも賢人気取りでいな

がら、実際は途方もない妄想に取りつかれているのみという

手の施しようもない愚か者もいるものです。


孤高を気取るのは、やめましょうね。

 

広告を押して申込↓

宜しくお願いします (^_^)