読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいまいなこと

日本人の行動様式や考え方が、自分たちと異なるとして、外国人

の人から批評を受けることがよくあります。


代表的な例として挙げるとすれば、日本人のあいまいさ

対する批評だと思います。


そのことを指摘されると、我々日本人の中からも言われる主張

があります。


例えば、以心伝心とか阿吽の呼吸とかいうのは、日本人にしか

通用しないものである、とかイエスとノーがはっきりと言えない

から外国人に誤解されるのである、などの反応が決まって

起きてきます。


日本人の中には、本当にそのように感じている人が

思ったよりも少なくありません。


でも、日本人のあいまいさは、ヨーロッパ人やアメリカ人から

指摘されるような、いわゆる欠点なのでしょうか?


結局のところ、そういった欠点をしかたなく受け止めて、

劣等意識を持たなければならないのでしょうか?


私的には、そんな風には考えていません。

彼ら、ヨーロッパ人やアメリカ人たちが言うあいまいさ

こそが、日本人特有の天性であるに違いないからです。


それから、

大げさに言えば、人類文明の発展と存続のために大いに

役に立つものであるとも思うからです。


このあいまいさを、ある意味大切にしたいですね。

 

広告を押して申込↓

宜しくお願いします (^_^)