読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

周囲に気に入られる人

相手の身になって、そして相手の立場をよく考慮した上で、行動して

いかなければならないでしょう。

そうすれば、お互いがさらに理解をし合える環境ができるものです。


たとえば、会社の中でも、周りの人に対して思いやりの精神を持つよう

にすれば、そのことが、基点となってよい影響が全体に広がっていく

ものです。

よい会社には、そういった雰囲気が充満しているものですー。


人の家に土足で、ずうずうしく入っていくという感じをされても困る

ので、相手の世界に入っていく時には、徐々にしていかないとなら

ないでしょうね。


相手との距離は、その人の反応を見ながら、だんだんと縮めていけば、

よいと思います。

結果として、相手と自分の感情が一緒になった時が、お互いを完全に

理解し合えた時でしょう。


但し、初めて会った時からバッチリと意気投合する場合もあります。


これは、今までの人生経験から、直感的にお互いを判断したということ

でありやりとりが、瞬間的で早かったということに過ぎないということ

です~。


この場合は、判断に過ちをする事が多いので、人一倍相手の気持ちを理解

するという努力をしなけばなりませんね。


自分勝手な考え方が出る傾向が、仲良くなると出てきますが、

親しき中にも礼儀あり、でいつも相手の身になって考える事が大切です。

 

広告を押して申込↓

宜しくお願いします (^_^)