読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢と日付

 到達点が、明確に確定されたを本気で、実現しようとするような場合

日付を入れることがありますね。


ある実業家の言葉ですが、

日付を入れて、と現実の差を明確にします。そして、

日々やるべきことをやりぬいていきます。結果、

今日という日が変化して、ついには、だんだんとに近寄って

いくことになるんです。」


日付を入れることによって、単なる憧れは、具体的にビジョン

をもった目標へと変わっていくというのです。


彼は、を実現するために日付を設定して、その達成と実現にむけて、

必死で働いてきました。

その彼とは、ワタミグループの渡辺美樹氏であります。


渡辺氏は、自然に言います。

「人は、いづれ死ぬべき存在です。時間は、永遠にいつまでもあるわけで

なく、万人に有限なものです。今日、明日死ぬかもしれないのです。

毎晩寝るときに、今死んでも悔いはないといえるほどにやってきました。


これまでを追い続けて、思いっきり全力で、仕事をしてきたのは

そのことが理由なんです。」


仕事と生きることは同格なのかもしれません。そんな風に言えるのは、

渡辺氏が、本当に好きな事や自分がやりたい事を、仕事として続けて

いるからかもしれませんねー。


大それたを持つことではなく、をもつこと自体が、

大切であるのだといえます。


それからは、そのに向かって着実に進んで歩き続けて

いけばいいのでしょう。


どうですか、やってみませんか?

 


広告を押して申込 ↓

宜しくお願いします (^_^)