読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

他人評価と自己評価

どんな評価であろうとも、人を評価するというのは、

その人の主観的な部分を、必ず含んでいると思います。


純粋に客観的な評価などは、ありえないといえるでしょう。

本来、自信をもっている人は、他人がどう評価しようが、

ほとんど関心をもっていませんー。


ですから、自分の評価は、自分でするべきです。

学生は、成績評価から、

また、サラリーマンは、経営者側の査定から逃げることはできません。


このように、実際は、本人の好むと好まざるを問わず、

誰しも他人からの評価を受けます~。


他人評価自己評価のギャップがあったときは、

その時は自分評価を尊重すべきだと思います。


自分で自分をしっかりと評価する習慣をつけていないと、

自主独立や自尊心の精神が育たないということになるでしょうねー。


試験型秀才というのは、他人評価をそのまま自分の評価として、

きているのが大半です。


なぜなら、誰でも調べれば学べれるような知識を、

頭に詰めこんでいるだけなのに、自分は周りの人間よりは、

すぐれていると誤解しているからです。


こうしたことから、学生時代の頭の良さなんて、

程度がしれています。


こうした誤った自己認識を持たないためにも、

他人評価を気にしないで、自己評価をひたすらくりかえす

ことが大切でしょうね。


それによって、己が磨かれていくのだと思います。

 


広告を押して申込 ↓

宜しくお願いします (^_^)