読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平成の経営の神様

まだ資本も経営ノウハウもない、一ベンチャー企業である

京セラが、1961年に、ある経営理念を固めました。

それは、

全従業員の物質両面の幸福を追求すると同時に、人類、

社会の進歩発展に貢献する。

という、稲盛和夫氏の発表した内容のものです。


これは、会社は個人のものではなくて公器である、という思いを

強く実感した結果、掲げたのだといわれます。


当時の世間の流れを受けて、従業員たちから、

「ボーナスの最低保障を約束して欲しい」との声があがったそうです。


その時に、稲盛氏は、

家族の一員としてやろう。これからは、労使ではなくて、

パートナーである。


と、従業員を説得したといわれます。

そして、これらを四文字熟語で意味したのが、「敬天愛人

というわけです。


この言葉は、稲盛氏の座右の銘と言われていますが、本来は、

西郷隆盛の言った言葉だとのことですー。

今も若手経営者などに、その精神の重要性を説いて回っているようです。


次に、1984年、稲盛氏は通信分野への参入をしました。

「動機善なりや、私心なかりしか」をモットーに邁進しました。

やがては、今のauとなる第二電電を立ち上げることになるのです。


現在は、仏門に入ったということですが、やるべき事をやった人には

最終的には、悟りの世界しかないのかもしれませんね~。


平成の経営の神様は、これからどんな方向にいくのでしょうか。

 

広告を押して申込 ↓

宜しくお願いします (^_^)